デザインが何故かうまくいかない時にする3つのコツ<中級者編>

みなさんもチラシなど簡単なデザインならご自分で作るよ!と言う方も多いかと思います。

そこで、デザインをするのに最低限ここは押さえておきたいコツを3つ、お伝えさせていただきます。

コツその1.文字のメリハリをつける

当たり前のことかと思いますが、いいたいことは文字を大きくしましょう。

チラシを手渡しで話をしながら見てもらう場合は、そこまでメリハリをつけなくても大丈夫です。

ポスティング予定のチラシであれば、
見る人は一瞬で「いる・いらない」を判断しますので
言いたいことはかなり大きくした方がいいです。

薄目を開けた女性

重要なことは必ず文字を大きくしてるよ!

という人が、思ったより実は大きくできていないことがあるのでご注意を。

どのくらい大きくしたらいいか、ですが、

薄目でデザインを見てください。

見る時の目とデザインの距離ですが、
お客さまがそれを見る時を想定するとより良いです。

先ほど例に挙げた手渡しの場合は、結構近い距離で。

ポスティング用の場合は、ポストから手に取ってはいるものの、チラ見する程度なので遠めの距離で。

薄目でデザインを見た時のチラシイメージ
薄目でデザインを見た時のチラシイメージ

薄目で見た時に最初に目に入ってくるのはタイトルとお値段でしょうか。

その次に電話番号、真ん中のオレンジの●の文言…という感じだと思います。

タイトル、値段が大きいし色も目立つので、薄目にしても結構はっきりと見えますね。

先ほども触れた通り、どのくらいメリハリをつけるかは用途次第なので一概にいえませんが、確認の方法としてぜひ使ってみてくださいね。

コツその2.色を使い過ぎない

チラシ

上記のデザインでは、基本的に

●茶(ベース色)
●緑(差し色)
●赤(強調色)
●黄色(背景色)

を使っています。

他にも色を使っていますが、ほとんどが上記3つのいずれかに属する色となっています。(イラスト・写真を除く)

赤は目立ちますので、強調したいものに使うことが多いです。

ベース色は、黒、または黒ほど強い色にしたくない場合には茶色をよく使います。

このデザインでは、優しい印象にしたかったので、茶色を採用しました。

チラシ

こちらは

●黒(ベース色)
●水色(差し色)
●赤(強調色)
●ピンク(背景色)

ですね。

ベース色に黒を使っています。

黒を使うとはっきりした印象になりますね。

このようにルールを決めて作成すると、デザインがすっきりまとまるのでとても見やすくなります。

コツその3.写真かイラストを1つは入れること

写真やイラストが入っただけでぐっと印象が強くなります。

また、人は人の顔に反応するため、できれば人の顔が入ったものを入れてください。

下のデザインは、人物イラストをざっくりと削除したものですが、
印象が全く違いますね。(ちょっとデザインが破綻しているのはご愛敬)

人のイラストや写真が入ってないチラシ。

ちなみに、イラストと写真はどっちを選べばいい?ということをブログに書いていますので、参考にしてください。

「イラスト」と「写真」の違いをまるっと解説します!

まとめ

さて、デザインに迷った時にする3つのことをお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

細かいことは抜きにしても、これをやれば結構いいデザインができると思います。

ぜひ実践してみてくださいね。

トップへ戻る